美白のための紫外線対策~UVケアと日焼け止め

美白で重要なのは紫外線対策です。

紫外線(UV)の肌への悪影響というのはいまや多くの方が知るところだと思います。


美肌や美白にとって紫外線は大敵だということはいまや中学生でも知っていることですが、「ただちに影響がでるわけではない」ため、UVケアを疎かにしたり、毎日はできていないという人が多いのではないでしょうか?


紫外線の怖さをひとことでいうと「肌の老化を促進する」ということ。


紫外線に対する防衛反応として作り出されるメラニンが肌の新陳代謝のサイクルのなかでうまく輩出されないとシミの原因になりますし、紫外線が真皮に達して肌の弾力成分であるコラーゲンやエラスチンを傷つければそれはシワやたるみの原因になります。


逆にいえば紫外線対策さえ、しっかりできれば、いわゆる肌老化といわれる症状に悩まされることがないということです。高級なアンチエイジングクリームや最新美白テクノロジーを凝縮したシミ美白化粧品などたくさんありますが、UVケアさえしっかりしていればそんなもののお世話にならなくてもよくなるんですね。

うっかり日焼けにご用心

UVケアの難しさは、「ただちに影響がでるわけではない」「浴びたかどうか実感もない」紫外線に対して「365日1日も休むことなく」行う必要があるということでしょう。面倒なので、どうしても手を抜きがちになりますし、今日はいいやとサボってしまうことも多々あります。


特に若い人はまだ紫外線の影響がそれほど肌にでてきていないので「まだ大丈夫!」と油断しがちなんですが、早ければ20代後半から、遅くとも30代になれば紫外線対策を怠ったつけが肌表面にでてくるので、そのときになって焦って紫外線対策をはじめても、時計の針は戻らないことに気づくだけなんですね。


紫外線の影響は、日陰にいても、曇っていても、長袖で防備していても、季節が冬でも、短時間でも、部屋のなかにいても受けてしまうものです。たとえわずかな紫外線でも数十年と蓄積されれば大きなダメージとなりますから片時も油断できません。


ただ、本当に大変なUVケアですが、頑張った成果は必ず10年後、15年後に形として表れてくるはずです。同世代の人達が肌の悩みで右往左往しているときに自分だけ何の悩みもなく、きれいで白い肌でいる。そこまで頑張れるが肝心です。


もうすでに肌に紫外線の影響が出てきてしまった30代、40代の人も紫外線対策を今からするとしないとでは10年後、15年後の肌は違ってきますから、諦めるようなことはしないでください。

美白のため紫外線対策について!

たくさんの美白化粧品が日々開発・販売されていますが、美白はもちろん、肌のアンチエイジングで一番重要なのは、UVケアです。肌の老化であるシミやシワ、たるみなどはすべて紫外線によるダメージが影響しているからです。正直な話、小さいころから徹底的にUVケアをしていれば大人になってから肌トラブルで悩むことはないんです。それぐらい紫外線というのは肌老化に影響するんですね。 当サイトではそんな美肌とアンチエイジングの最重要ケアである紫外線対策とUVケアについてさまざまなトピックを紹介しています。よくある疑問からマニアックな疑問まで回答してあるので、是非、毎日の紫外線対策に生かしてください。