トップページ > 唇の日焼けはどう防ぐ? > 唇の日焼けに対する予防とできてしまったシミのケア方法

唇の日焼けに対する予防とできてしまったシミのケア方法

常に露出している分、顔は日焼けしやすい部分ということもあり、UVケアも念入りに行っていると思いますが、鼻の頭やまぶた、耳の側面、そして唇は塗り忘れが多い部位です。


特に唇には他の部位のように皮脂を分泌させる皮脂腺ありません。これはつまり、皮脂膜という保護膜がないということであり、外からの刺激から唇を守るためのバリア機能が弱く、とてもデリケートな部位ということがいえます。


唇の場合、日焼けしたところで色が黒くなるということはないんですが、唇自体が激しく乾燥してしまうので皮向け、ひび割れや出血を起こすことがありますし、腫れてしまったり、日焼けの炎症が治まる頃にはシミが残ってしまうこともあるんです。


唇を日焼けから守るためには、日頃から唇のケアを大切にすることです。外出するときには、唇の紫外線対策としてUVカット効果の高いリップクリームを口紅をつけるまえに塗るようにすると効果が高いです。


UVカット効果の高いリップクリームではなく、顔専用の日焼け止めクリームでも代用できますが、それでは唇が荒れてしまうという人は、唇専用のリップクリームを使用する方が安心です。


帰宅して洗顔を行った後にも、リップクリームを塗るなどの唇の保湿ケアを忘れずに行なうようにすると潤いのある唇を保つことができるようになるので、常に唇はUVケアを忘れないというくらいの気持ちでケアしておくと間違いないです。


もし、唇が日焼けして、その後にシミができてしまった場合は、泥パックを使用すると効果が高いと言われています。泥パックを使用してもすぐに効果はありませんが、継続的に使用することで唇はしっかり保湿され、唇のシミが少しずつ薄くなっていくようです。


すぐに唇にできてしまったシミをとってしまいたい場合や泥パックでケアしているけれど、なかなかシミが薄くならないという場合には、ピンポイントでシミを除去できるレーザー治療がお勧めです。


唇のシミをレーザー治療する場合、照射直後からしばらくは照射部分が色が抜けたように白くなりますがすぐに周りの色と同化するのでそのあたりの心配はいりません。


敏感でデリケートな粘膜でもある唇にレーザー治療をするのは痛そうですし、ちょっと怖い気もするのですが、肌に比べて代謝がよく、アフターケアいらずで回復も早いという特徴があるので唇にシミができたときは選択肢として十分ありだと思います。