トップページ > 子供の頃の日焼けの影響は? > 子供の頃に浴びた紫外線の影響でシミができるってホント?

子供の頃に浴びた紫外線の影響でシミができるってホント?

紫外線対策などのUVケアをしっかり行なってきたつもりでも、30歳を過ぎてくると急に今まで気にならなかったシミが目立つようになることがあります。


紫外線は、その性質上、その時浴びてしまった紫外線がすぐにシミなどの症状を起こすというわけではなく、お肌に紫外線を浴びたダメージが蓄積されてある日突然、肌老化として急にあらわれるものです。


そのため今、頑張ってUVケアをしていたとしても過去に蓄積された紫外線ダメージがあると肌の代謝が衰え始める30代になってその影響がでてくることが多いんですね。


同じ年齢なのにシミが多い人もいれば少ない人もいるし、見た目年齢が若い人もいれば老けている人もいるというのは、体質にもよる場合もありますが子供の頃からに浴びてきた紫外線の量が影響しているというのは間違いないみたいです。


そういうこともあって、早くからシミに悩む人というのは紫外線に対して無知で無防備だった10代の時期を悔やむ人もいます。学校の部活、海やプールなど夏の強烈な紫外線が降り注ぐなか野外で活動していた人もいるでしょう。


ギャルをやっていて日焼けサロンや海で無理やり小麦色の肌にしていた人もいるでしょうし、もう少し上の年代にいくと日に焼ける=健康的という時代もあって積極的に肌を焼いていたという人もいると思います。


「若いから大丈夫!」と油断していたつけは10年、15年経ってからシミ・シワ・たるみという形で必ずあらわれます。そのときになって若い頃に浴びてしまった紫外線に対して後悔しても遅いです。


過去には戻れませんからこれからできることに意識を向けたほうがいいですね。


美白対策やUVケアをしっかり行なっていくことで、紫外線の影響によってできてしまうシミをこれ以上つくらせないということはできますし、今あるシミを薄くして目立たなくすることもできはじめのシミであれば不可能ではありません。


ピーリングを行ったり、ターンオーバーを活発にさせるようなケアを行なうなどの方法があるので、諦めずに、しっかりとスキンケアをすることが大切です。


できてからかなり時間が経ち、くっきりとした形になっているシミや表面がザラザラしている色素沈着になるとさすがにスキンケアではどうにもならず、レーザー治療で除去するほかありません。


シミに代表される光老化のケアは少しでも早い時期から始めることが大切です。最近は紫外線の害が広く知られるようになったからか、それとも日焼けして後悔している親にいわれたのかはわかりませんが、中学生ぐらいからしっかりUVケアしている子が多いです。


子供の頃からとそうして紫外線の影響を受けないようにUVケアを行なっていけば30代、40代になってもきれいな肌でいられるのではないかと思います。