トップページ >  UVケアのやり方・方法 >  敏感肌の日焼け止めの選び方

敏感肌(肌が弱い)人のための日焼け止めの選び方

紫外線対策の基本は日焼け止めですが、UVカット効果の高いSPFやPAの数値が高いほど肌への刺激も強くなるので敏感肌や肌が弱い人にとっては使うのをためらってしまうという人も少なくないようです。


最近では、そうしたお肌の弱い人のために「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」など無添加に近い日焼け止め化粧品や、安全性を考慮した商品など様々な商品が販売されるようになってきています。


ただ、お肌の弱い人にとっては、安全性や低刺激を謳う化粧品であっても自分のお肌に適しているかどうかは、また別の話という場合が多いので、口コミなどの情報を参考にしつつ、評価の高いものを実際に使って試してみるほかないというのが現状だと思います。


どんな日焼け止め化粧品を使用すれば良いのかわからない、または不安だという場合は、皮膚科などの医療機関などで相談し、自分のお肌に適したものを使用するようにすると安心です。


医療機関で相談することのメリットは、根拠のある商品を紹介してもらえるということと、万が一、何らかの肌トラブルがあった場合には、すぐに対応してもらうことができることでしょうね。


最近は、ミネラルファンデーションや美容液ファンデーションなど極力肌に負担のかからないファンデーションや化粧下地にUVカット機能が備わっているものもあるのでこうしたものを使うのも考えてみるといいかもしれません。


お肌への負担の軽減する方法にはほかにも、敏感肌ブランドのディセンシアの保湿クリームを塗って肌にバリア膜をつくってからそのうえに日焼け止めを塗るという方法があります。


これは千葉のサーファーに教えてもらった方法なんですが、この方法だと日焼け止めの刺激をまったく感じることなく使えるそうです。敏感肌の人には超おすすめだといってました。


自分に合った日焼け止めを見つけることができないと紫外線のダメージをモロに受けてしまうことになるので、何とかして自分に適した日焼け止めクリームを見つけたいところですよね。


また、お肌に少しでも負担とならないように帰宅後はすぐにキレイに洗顔することも大切です。