トップページ >  その他Q&A >  日焼けした肌を元に戻すには?

日焼けしてしまった肌を早く元の肌色に戻すには?

日焼けしてしまったお肌の状態には、2つの段階があります。


最初は、お肌の表面が炎症を起こして赤くなってヒリヒリしてしまうサンバーンという状態になり、それからサンバーンの状態が消えて皮膚の色素沈着を起こすサンタンといわれる状態になります。


それぞれの日焼けは肌色から赤い日焼け、黒い日焼けなどといわれることもあります。


一般的な日本人の肌質の場合、日焼けでお肌が赤くなるサンバーン状態になってから肌が黒くなるサンタン状態に移行するのが普通ですが、サンバーン状態になって赤くなるけれど黒くならない人もいますし、逆にすぐにサンタン状態になり、肌が黒くなってしまうタイプの人もいます。


いわゆる色白といわれる人の場合、サンバーン状態の肌が赤くなる日焼けは起こしても肌が黒くはならないことが多いです。これは生まれつきメラニン色素が少ないからですが、日に焼けても黒くならないというのは紫外線の刺激に一番弱い肌質ともいえます。


なので色白の人はとにかく日焼けしないに越したことはありません。見た目には肌が白くうらやましがられる色白肌ですが、紫外線に弱く、光老化の心配を人一倍考えなければいけません。(色黒の人は真逆です。)


さて、もしうっかり日焼けしてしまった場合ですが、その時のお肌の状態に合わせたケアを行なうことがお肌にとって最小限のダメージにおさえ、なおかつ素早く元の肌色に戻すコツになります。


まず、お肌が日焼けしてしまった!と実感があるお肌が赤くなってしまった状態の時には、よく冷やして炎症を抑えるようにします。サンバーンの状態は軽い火傷をしている状態と同じなのでしっかりと冷やし炎症とほてった状態を抑えることが大切です。


そして次に行うケアは徹底した保湿と水分補給です。


私達の肌は、ほてりや炎症が起こると、その状態から脱しようと体はそのほてりや炎症の熱を下げるために汗がかきやすい状態となり、水分が不足してしまいます。そのため日焼けした後は、保湿ケアをいつも以上に丁寧に行いながら水分の補給もしっかりと行なうことが必要不可欠になります。


日焼けした後のダメージというのは、日焼けした直後の対処の仕方で雲泥の差がでてきてしまうので日焼けした直後から24時間以内のスキンケアが最も重要になるということを覚えておいてください。


炎症とほてりが収まり、日焼けの状態が黒くなってしまった場合は、肌のターンオーバーを促進するケアや美白ケアを十分に行なうことが効果的です。


どちらにしても、美白ケアと保湿ケアを丁寧に少しでも早い状態に行い、お肌の表面の皮がむけてくるような状態になったら、お肌の乾燥はキメを整えるために保湿ケアをしっかり行なうことで改善していきます。