トップページ >  紫外線について >  UV-AとUV-Bの違い

UV-AとUV-Bの違いとは?

太陽から降り注ぐ紫外線には、UV-A、UV-B、UV-Cという3種類あります。


この3つの種類のうちUV-Cは、大気圏で遮断されてしまうので地表にまでは届かないので、対策すべきなのはUV-AとUV-Bの2つの紫外線ということになります。


UV-Aは紫外線A波とも呼ばれ、私たちが紫外線と言われるものの約95%を占めると言われています。発するエネルギー自体は弱いものの、照射量が多く、浸透力が高いため、お肌に与える影響は深刻です。


具体的な肌への影響ですが、UV-Aの20~30%は、お肌の奥にある真皮層にまで達するため、繊維芽細胞というお肌のハリを保つコーラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す細胞を損傷させて、シワやたるみといった症状を引き起こす原因になります。


UV-Aの特徴としてはガラスを通過することができるので屋内にいても影響があるということです。また、冬でも夏の半分程度の量が降り注いでいるので、ちょっと油断したり、手抜きをすると、このUV-Aの影響を受けてしまうということです。


赤みなどの炎症を起こす日焼けのように、すぐに紫外線を浴びて日焼けをしてしまったということを実感することがないため、UV-Aは、知らない間に浴びているケースが多いようです。


もうひとつのUV-Bは紫外線B波と呼び、紫外線全体の約5%を占めるもので、UV-Aよりも強いエネルギーを持っていますが、波長が短いことからお肌の奥まで達してしまうことはありません。


UV-Bの影響は、お肌の表皮の細胞などを損傷し、火傷のように赤くなるなど目に見えてわかる症状を引き起こすのでUV-Aに比べると浴びてしまったことが一目瞭然です。


主に、屋外の日差しの強いところにいることで受けるもので海や山などのレジャーに出かけて日焼けしてしまったとい場合は、この紫外線B波のUV-Bが原因。シミやそばかすの原因になります。


こうしてUV-AとUV-Bの2つの紫外線を並べてみてみると、私たちの多くが紫外線対策として意識しているのはUV-Bのほうですよね。UV-Aのほうはシワやたるみに影響するにもかかわらずあまり意識していないように思います。


室内・屋内にいればまず問題ないUV-Bですが、UV-Aは窓ガラス越しや雲の多い天気の日など日差しの強さにも関係なくお肌へと到達してしまうものですし、浴びたかどうかの実感もないので、むしろ紫外線対策で意識すべきなのはUV-Aのほうかもしれません。


いずれの紫外線にしろ日傘や日焼け止めなど紫外線対策を行なうことで予防することができます。