トップページ >  UVケアのやり方・方法 >  紫外線と光老化

紫外線と光老化~見た目の肌の衰えの80%に影響!?

光老化というのは、紫外線を浴びることによって起こるシミやシワ、たるみといった皮膚の衰えが老化現象のような形の症状を起こしてしまうもののことを言います。


ある程度の年齢になれば、老化現象でシミやシワ、たるみといったるお肌の衰えや症状は、あって当たり前で、仕方がないことだとこれまでは考えられていましたが、ここ数年の研究によってその常識が覆りつつあります。


つまり、見た目年齢に影響するシミやシワ、たるみといった症状のほとんどは、加齢というよりは紫外線による影響でできるものだということがわかってきたということなんです。


加齢による肌の衰えは確かにありますが、紫外線の影響を受けていない場合、肌表面はなめらかでゴワつきはなく、細かいシワはあるものの深いシワはなく、シミもたるみもなく、白く柔らかい状態だと言います。


たとえば、自分の体のなかで紫外線が良く当たる顔や手の甲といった部分と二の腕の内側などほとんど日の光にあたらない部分の皮膚とを比べてみてください。肌の白さや肌触りが全然違うと思います。


この違いが、加齢による老化だけの影響を受けている肌と加齢による老化にプラスして紫外線の影響を受けている肌との違いになります。光老化の影響の強さがよくわかるのではないでしょうか?


見た目年齢を左右するこの光老化ですが、赤ちゃんや幼少期などの子供時代に浴びた紫外線が蓄積され、その量が多ければ多いほど光老化の症状は早く起こり始めます。


だいたい10代のころから皮膚の内部で徐々にですが、進行が始まり、20代でちょこちょこと肌表面にあらわれはじめ、30代になるとほぼ誰にでも例外なく、光老化の影響がでてきます。


通常、15歳もしくは、18歳までに一生分の約半分の量の紫外線を吸収すると言われているので、その頃から紫外線対策をしていたかどうかで、大人になってからのシミやシワ、たるみといった老化現象が現れるのを遅くできますし、症状も軽くできます。


秋田美人(肌がきれいな人が多い)といわれる理由にも光老化が関係していて、秋田県というのは日本で最も日照時間が短いんだそうです。つまりそれだけ紫外線を浴びる量が少ないためシミやシワのない肌でいられるというわけなんですね。


あくまで光老化はこれまで浴びてきた紫外線の蓄積なので、5年後・10年後もキレイな肌でいたいと思えば、今日から対策をはじめましょう。何もしないよりはずっときれいな肌でいられるはずです。