トップページ > SPFとPAって何? > SPFとPAって何?

SPFとPAって何?

日焼け止めクリームのパッケージには、必ず「SPF」や「PA」という表記があります。


SPF値とPA値は、紫外線からお肌を守る効果を表したものであり、この値を知ることによって紫外線防止効果がわかるので、この数値を参考にして自分のライフスタイルにあった日焼け止めクリームなどを選ぶことになります。


SPFは、紫外線防御指数(Sun Pritection Factor)の略称で、紫外線の種類のうちのサンバーン(赤くなってヒリヒリする日焼け)の原因になるUV-B波を防止することのできる効果の値を示しています。


紫外線の強い季節に海などで日焼け止めクリームなどを使用せずに過ごすと、20分程度でお肌は赤く日に焼け始めます。SPFは、この20分という時間をSPF1と1つの単位として設定しています。


例えば、日焼け止めで表記されているSPF20は、SPF1が20ということで、20分×20で約7時間弱、SPF30では、20分×30で約10時間紫外線の中のUV-B波からお肌を守ることができるという計算になります。


日焼け止めを選ぶ場合には、季節や使用用途によっても違いがありますが、SPF30以上を使用するようにすると安心ですが、紫外線の比較的少ない季節の日常生活程度の日焼け対策ではSPF20程度で十分効果を得ることができると言われています。


最近ではSPF50やそれ以上の商品も珍しくありませんが、SPFが50でもそれ以上でもSPF50と表記され、SPF50以上のものには、50+と表記されています。SPFの値は、30前後が一番最適で、それよりも大きければ効果が高いということではないようです。


PAは、真皮にまで達し、シワやたるみの原因となるUV-A波をどの程度、防止することができるかを示した値です。紫外線によるシミやシワの予防を目的に日焼け止めクリームを使用する人にとっては、SPFの値よりもこのPAの値の方が重要になります。


UV-A波をブロックするPA値は、2013年1月1日から、新たにPA++++(フォープラス)が加わり、これまでの3段階から4段階の+(プラス)で段階分けがされるようになりました。


PA+の意味は「効果がある」という意味で、色素沈着を起こしてしまう時間を2~4倍に伸ばす効果を持っているといわれます。PA++は「かなり効果がある」という意味、PA+++は「非常に効果がある」という意味、PA++++「極めて高い効果がある」になります。


「PA値」は使用する場面に合わせて使い分けるようにするのがいいといわれますが、PA++++が加わったように、UV-A波の肌への影響は深刻であることがわかっているので、肌老化を防ぐのなら、PA+++以上のものを選んだほうがいいと思います。


ただ、いくら「SPF」と「PA」の値が高いものを選んで使ったとしても塗る量が少ないと効果は下がります。例えば「SPF」は、皮膚1平方センチメートルあたり、日焼け止めクリームを2㎎塗ったときの効果をあらわした数値で、その量を塗ってはじめて表示にあるとおりの効果があるということになります。


実際に女性が塗っている量はそうした必要量の1/4が平均といわれているので、これだと効果は1/20になってしまい、あまり日焼け止めをしている意味がありません。


「ケチらず使う」日焼け止めを使うときのポイントです。